Layer-owner’s house

2018年

間口が狭く奥行きが深いボリュームの中に、リゾーム状に住戸が展開する賃貸5戸+オーナー住戸の集合住宅。空間の細長さと、構造壁でゆるく仕切られたセルの連なり。それが、思わぬ形でループしたり、外部と接続したり、トポロジカルな場の作り方を意識した建物になっています。 最上階のオーナー住戸はエレベーターと階段室のセンターコアを囲う円環状のプランが、行き止まりのない空間を実現しています。

DATA

所在地 / 東京都豊島区
規模構造 / RC造、地上4階
主要用途 / 賃貸共同住宅
敷地面積 / 180.65㎡(54.74坪)
建築面積 / 122.61㎡
延床面積 / 454.47㎡(137.71坪)
賃貸住戸面積 / 35.33〜55.27㎡
オーナー住戸面積 / 120.68㎡
構造設計/yAt構造設計事務所 森部康司
施工 / 新都市建設
photo by 傍島利浩

location: Tokyo
structure: RC
site area: 180.65m2
footprint area: 122.61m2
total floor area: 454.47m2
consultants: yAt Yasushi Moribe,structural
general contractor: SHINTOSHI construction
photo : Toshihiro Sobajima