bollard

2018年

「bollard」は前面道路の拡幅に伴い建て替えられた小さな住宅です。道路によって削られた50m2弱の敷地に、建蔽率を使いきり、斜線や日影規制をかいくぐる最大限のボリュームを建ちあげています。この5角形平面のボリュームはどの辺も敷地境界に平行せず、マッスというよりは、紙ふうせんのように、薄いエンベロープを膨らまして内部が外へ押し出されるような感じを意識しています。膨らみの圧力で飛び出したような大小の出窓は、小さな庭や向かいの建主の母校の樹木、拡幅される道路の緩くカーブした先の視線の抜け等々に向けられています。小さな吹き抜けによって家のどこにてもこのエンベロープに包まれたことが体感され、延べ床面積25坪とは思えない大きさを実現しています。

DATA

所在地 / 千葉県市川市
規模構造 / 木造、地上3階
主要用途 / 専用住宅
敷地面積 /48.94㎡(14.83坪)
建築面積 /29.21㎡
延床面積 / 82.49㎡(24.99坪)
構造設計/ Q & Architecture 中原英隆
施工 / 山庄建設
photo by 猿山知洋