slash

2020年

さいたま市に建つ30代夫婦と小さなお子さん二人の4人家族のための住宅です。交通量のある中山道と細い生活道路が斜めに交差する手前の変形敷地に建っています。短手の一方が幹線道路、他方がほとんど車通りのない生活道路に面していて、四隅は大きく歪んでいる。一面的には捉えにくい環境でした。この状況に対して建築を無理に整えるのではなく、対比的な環境や空間の歪みを積極的に読み込むことで、この場所でしかあり得ない、多面的で力動的な空間の在り方を考えています。

掲載誌他
[新建築住宅特集] 20年4月号

DATA

所在地 / 埼玉県さいたま市
規模構造 / 木造、地上2階
主要用途 / 専用住宅
敷地面積 /84.59㎡(25.636坪)
建築面積 / 50.65㎡
延床面積 / 95.24㎡(28.86坪)
構造設計/Q & Architecture 中原英隆
施工 / 大貫工務店 
photo by 傍島利浩


location: Saitama-shi,Saitama
structure: wood
site area: 84.59m2
footprint area: 50.65m2
total floor area: 95.24m2
consultants: Q & Architecture Hidetaka Nakahara,structural
general contractor: Ohnuki kohmuten
photo : Toshihiro Sobajima