FUNABORI

2010年

江戸川区船堀に建つ木造在来の中古住宅のリノベーションです。600万円という限られた予算の中で、「新しく加える」設計をやめ、「既存部分の在り方をずらす」設計に発想に転換をしました。その結果、もともとあった床/壁/天井は再編集され、新しい意味を持った要素に生まれ変わっています。唯一新設したカウンターキッチンは、DKの壁を貫くように斜めに配置し、生き生きとした動きを生み出しています。

掲載誌他
[新建築住宅特集] 11年06月 text
[更新する家 リノベーション住宅大研究]
[最高の間取りをつくる本リフォーム編]
[LiVES] VOL.56
[MY HOME+] 2011年vol.23
[モダンリビング] 2011年195号

DATA

所在地 / 東京都江戸川区
規模構造 / 木造在来工法2階建の改修
主要用途 / 専用住宅(夫婦+子供2人)
敷地面積 / 77.47㎡(23.48坪)
建築面積 / 44.55㎡(13.5坪)
延床面積 / 89.1㎡(27.0坪)
施工 / 株式会社 栄建
photo by Tomohiro Saruyama