西葛西コミュニティーの新拠点つくります!

新しい一歩を踏み出しました!
駒田建築設計事務所の西葛西APARTMENTSに隣接する「西葛西APARTMENTS#2(仮)」が、昨日着工の日を迎えました。「住むこと」「働くこと」「食べること」そして「集まること」をテーマに、代々この土地を守ってきた地主、地元建築家である私たち、地元の施工会社、地元の超人気ベーカリーがタッグを組んで、私たちの地元西葛西コミュニティーの新しい拠点をつくります。
工事の進捗にあわせて少しずつ内容を紹介して行きますので、どうぞご期待下さい!

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

「TRANS」住宅建築賞受賞

「TRANS」が東京建築士会住宅建築賞を受賞しました。いつも私たちを刺激しつづけてくれた建主ご夫妻、献身的にこの建物を形にして頂いた仲野工務店の皆さん、構造家の森部さんそして担当スタッフの石村君にあらためて感謝したいと思います。

ありがとうございました。

駒田剛司
駒田由香

展覧会・オープニングレセプションパーティーの情報はコチラ
審査員による講評はコチラ

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

新建築住宅特集17年5月号

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

ROROOF vol.1

「ROROOF」は目白に建つ9戸のコーポラティブハウスです。北側に広がる徳川ビレッジの豊かな緑と、南からのほとんど遮られることのない陽光が、この場所を特徴付けていました。私たちはこの外部環境との関係に加えて、積極的に内部に場と場の関係を発生させ、それらを同時に制御する建築的なルールを与えてました。スケルトンの基本構成は、折れ曲る襞状の壁により、開放的な場と閉鎖的な場が交互に現れることで出来ています。その壁が層ごとに反転し、全体では立体的な市松構造となる。上下左右に隣接する場が緩やかにつながりながら反転を繰り返す。もちろんそれだけでは建築にはなりません。しかし、そこを足がかりに人の住む場所を考えたら、きっとワクワクすることが起きる。それはコーポラティブハウスといった枠組みを越えた、建築の根っこの部分に触れる問題を含んでいると感じています。

掲載誌他
[GA JAPAN] 144号
[新建築] 17年2月号

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

ROROOF vol.2

「ROROOF」は目白に建つ9戸のコーポラティブハウスです。北側に広がる徳川ビレッジの豊かな緑と、南からのほとんど遮られることのない陽光が、この場所を特徴付けていました。私たちはこの外部環境との関係に加えて、積極的に内部に場と場の関係を発生させ、それらを同時に制御する建築的なルールを与えてました。スケルトンの基本構成は、折れ曲る襞状の壁により、開放的な場と閉鎖的な場が交互に現れることで出来ています。その壁が層ごとに反転し、全体では立体的な市松構造となる。上下左右に隣接する場が緩やかにつながりながら反転を繰り返す。もちろんそれだけでは建築にはなりません。しかし、そこを足がかりに人の住む場所を考えたら、きっとワクワクすることが起きる。それはコーポラティブハウスといった枠組みを越えた、建築の根っこの部分に触れる問題を含んでいると感じています。

掲載誌他
[GA JAPAN] 144号
[新建築] 17年2月号

BUTTONS TO SHARE

COMMENT