ロウハウスと民主主義

いまニューヨークから成田への機内にいます。ボストン・ビーコンヒルのロウハウスにおける、都市と建築の関係について、「接地の作法」という切り口で考えていると、前回のブログでお伝えしました。今回、幸いにも国の科研費が付いたこともあって、帰国後はこのテーマで早速論文の準備に入らなくてはなりません。

さて、ボストンの後は、フィラデルフィア、ニューヨークへ。フィラデルフィアが、博愛の街と呼ばれているのは、ご存知の通りです。だからという訳ではないのですが、フィラの街を歩いてみて、幾つかの点でロウハウスが、極めて民主主義的な建築だと感じました。一つは、全てのユニットが接地して通りに面していること。規模の大小に関係なく、同じ形式で建っているのがロウハウスです。そこにはユニットが縦に積層する集合住宅に必ず生まれる、上下のヒエラルキーがありません。ちなみに、ここ数年マンハッタンでは、超高層アパートが、大流行していて、セントラルパークを望める、最上層は1平方フィートあたり、300万円の値がついているとか。これもある意味、民主主義が生んだ、究極の住宅の在り方ではあるのですが。



もう一つはこの2枚の写真を見て頂きたい。全く別の建物に見えると思うのですが、実は同じロウハウスを表と裏から撮っています。表は街路に面して、ファサードが整えられ、裏はそれそれバラバラ。基本的に異なるオーナーがそれぞれのユニットを所有管理している中で、表通りに面する部分は個人の趣味や嗜好に合わせて改変されていません。法的な規制もさることながら、公共に対する自己抑制と、それを動機付ける社会規範が機能しているからこそ、表通りはその統一感と美観を保つことが可能になっている。一方、裏通りはと言うと、ここはまず住人しか使わない、元は馬小屋(ミュー)が並んでいた、一般に「ミューズ」と呼ばれる路地のような細い通りです。このミューズに面しては、各ユニットはそれぞれのオーナーの、時々の都合に応じて、バラバラの形で、増改修が繰り返され、全体として何の統一感もありません。
とかく民主主義の個人主義的な側面ばかりが、顕在化しやすい昨今ですが、ロウハウスでは、まず公共性が確実に担保された中で、個人それぞれの振る舞いが許容される。当たり前のことが、当たり前のように、200年も実践されているということでしょうか。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

ビーコンヒル

突然ですが、アメリカに来ています。成田を発って今日で4日目。最初の目的地ボストンからフィラデルフィアへ向かう飛行機の中でこのblogを書いています。
一昨年に続いて、東京工芸大学の市原先生、研究室の学生と一緒にボストン、フィラデルフィア、ニューヨークのロウハウスを見て廻ります。先生の御陰で、科研費を国から頂けることになり、私はボストンビーコンヒル地区のロウハウスについて論文を書くことに。テーマは「接地の作法」。ビーコンヒル地区のロウハウスの多くは、狭い街路と建物が直接接しているにもかかわらず、良好な都市空間を実現しています。一昨年の視察で直感的に思ったのは、どうやら建物の接地の仕方に特別な何かがあるのではないかということでした。ロウハウスの1階が街路面から少し高くなっているのは、ロウハウスの本国イギリスでもおなじみの形で、それによって、建物内部と外部の視線がずれ、プライバシーが守られる。街を歩く人は建物の窓の向こうを気にしなくてもすむ。しかし、それだけでは、ビーコンヒルの街並の豊かさを説明することは、全く出来ません。
ではそれは何なのか?私が着目したのは、建物の足元と歩道の関係でした。簡単に言えば、建物と歩道の境界面が、入組んでいるということ。私たちの常識では、歩道と建物の建つ敷地は、一本の境界線で仕切られています。しかし、ここでは建物の一部が、歩道に食込み、歩道の一部が建物に食込む、といった相互貫入の関係が見て取れるのです。その関係を「接地の作法」ととりあえず呼んでみて、いずれはロウハウスの話にとどまらない、都市と建築(とくに日本のように土地の限られている場所の)の関係を、、、おっと、そろそろランディングです。続きはまた。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

久しぶりに現場

仕事には波があります。今年の前半は設計の仕事が殆どで、ここ数ヶ月現場監理が無いという時期も。となれば、自ずとこれからは監理の仕事が増える。この異常な暑さの中あまり現場へ行かずに済んだのは、まあラッキーではあったのですが、もう少し仕事のバランスが取れたらなあとも思います。
今日は監理の季節到来とばかりに、3カ所の現場を廻ってきました。


まずは保土ヶ谷のリノベーションの現場。こちらは家の片付けがようやく終わったところで、施工は来月終わり頃から。小さな庭を囲んだ、気持ちのよいLDKが出来そうです。


次に向かったのは、旗の台のオーナー住戸付き賃貸集合住宅。いま掘っている地下は、オーナーの住宅と音楽教室が入ります。それぞれの住戸がそれぞれの住人にとって「自分の家」と思える、ちょっとした仕掛けを考えている建物です。


そして戸越銀座に程近い、賃貸集合住宅「alleyway戸越」。遺跡発掘現場ではありません(笑)。根切りが終わっただけの現場がこんなに面白いなんて。。。自分でも驚きました。名前の通り敷地に路地を引込みます。建物は何度か試みてきた「一筆書き」の壁をより大胆に展開して、この界隈の「猥雑さ」に寄り添うようなデザインを考えています。

最後に、旗の台へ向かう途中で、たまたま見つけて寄った中華がとても美味しかったので。こんな偶然があると、1日が幸せに感じます。「くろさわ東京菜」。写真を撮り忘れました。通りからは店があることも分かりませんが、(私たちもたまたま車を止めたら、横にあったという感じでした)大森方面へお越しの際はぜひ。ランチは安いです。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

「目白の集合住宅」コーポラ募集中


目白でコーポラティブハウスの計画をしています。プロデュースは「balco」や「SLIDE西荻」「co-HINATA」でもお世話になったアーキネット
目白駅から徒歩数分圏内に、こんな緑の豊かな場所があったなんて、ちょっと驚きです。吉村順三記念館のすぐそばで、そこまでは行ったことがあったのですが、その奥にまるで軽井沢のような環境の一画があることは、知りませんでした。整然と区画された敷地に、上品でゆったりとした造りの賃貸戸建て住宅が並びます。徳川家ゆかりの地所で、「徳川ビレッジ」と呼ばれている、いわゆるgated community(実際にゲートはありませんが)なのですが、行ってみて圧倒されるのは、大きな木々が森のように茂っていること。樹齢を考えると、この一帯の環境が数百年スパンで守られて来たことが分かります。

「目白の集合住宅」は東と北で、徳川ビレッジに隣接していて、この森のような環境を、借景として存分に楽しむことが出来ます。しかも、南側は平屋建てが建つだけで、殆ど日差しを遮るものが無い。
ここまで、環境的な条件が揃ってしまうと、建築はその環境を上手に取り込み、可能な限りそれと寄り添うように、造るしかありません。周囲の建物に習い、屋根は切妻が連続するように、少しでも軒を出すように、外部が内部へ溶け込む日本建築のように、などなど、、結果的にオーソドックスでありつつ、独創性も兼ね備えた建築になるのでは、と期待しています。
計画の詳細は、アーキネットのサイトで紹介されていますので、ご興味のある方は会員登録をした上で是非ご覧になってみて下さい。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

また遊びに行きますね


新建築「住宅特集」6月号に「HAT」が掲載されました。

この住宅は、杉並区の交通公園の目の前にある住宅です。工事中から、交通公園に遊びにくるママやお子さん達の目印となっていて、住所を伝えなくても、たどり着けるという方が、たくさんいらっしゃいました。

ロフトを除き延床20坪の小さな住宅ですが、住まいもご家族の生活は、実にのびのびとしています。テレビ番組の取材でも「こんなにオープンで大丈夫?」とタレントさんにつっこまれていましたが、全く気にせず、楽しんで日々生活していらっしゃいます(笑)。

なかでも、かわいいのが幼稚園に通ってる娘さんで、打合せのころから、私達はすっかりファンになってしまいました。この娘さんが、すくすく成長していく姿を、この家がやさしく包み込んでくれたらと思います。

Iさんご家族のみなさんに感謝しています。また遊びにいきますね!〈YUK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT