KN邸引渡

本日KN邸の引渡をしてまいりました。私たちにとっても新しいトライアルが色々とあったKN邸。おかげさまでとても満足の行くものになりました。辛抱強くお付合い頂いたKNさんご夫妻、一生懸命に工事をして下さったアルファホームの皆様、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

シンメトリーに近い外観や大きな軒など、今までの私たちにはなかった要素が前面に出ています。
外構が手つかずなのは、、、造園家でもあるKNさんが春に向けてこれから施工して下さるからです。写真では分かりませんが、現状では玄関にあがるのも大変だったりします。ですので、本当の完成は実のところまだ少し先。建物の四方に設けるデッキと、家を囲むような植栽は5月頃完成予定です。

緩やかに空間をディバイドする手法は、これまで色々トライしてきました。KN邸ではそれに加えて天井の在り方を再定義できないかと考えています。きっかけになったのは「FUNABORI」で経験したリノベーションデザイン。ある要素を消すことによって、それ以外のモノの在り方がガラッと変わることを知りました。それを新築に応用してみようと思ったわけです。

外構が出来上がる5月にまたレポートします。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

求人 アルバイト急募!

アルバイトを募集しています。
業務は主にスタディー模型の製作。
詳しくは 

komada@ppp.bekkoame.ne.jp

までお問い合わせ下さい。

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

「HAT」がCASA Brutus 155号に掲載されました

「HAT」がCASA Brutus 155号「住宅案内2013」に掲載されました。
是非ご覧下さい。

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

130101 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように。

平成25年元旦
駒田建築設計事務所
駒田剛司・駒田由香・深澤浩司・横田賢治・大中愛子

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

121230 建築のチカラ・人のチカラ

一昨年お引渡をした住宅のクライアントからこんなメールを頂きました。

「引っ越しを機に本当に人生が変わった気がします」

住宅の設計をしていてこれほど嬉しい言葉はありません。クライアントとの出会いから、引渡までの出来事を想い浮かべながら、自分の心も満たされて行くのが分かります。
建築には人の人生や社会をかえる素晴らしいチカラがある。僕もそう考えてこの仕事をしています。でも、同時にいつも思うのは、この世で建築にだけ特権的なチカラがあると考えるのは傲慢に過ぎるということ。それに、そもそも建築は人生を変えるためのキッカケでしかないんじゃないかと。仮に人生や生活に対する答えがあるとしても、それは建築にではなく、そこに住む人々の内にこそあるはず。人は主体的にしか変われない。答えを建築に求めすぎても幸せにはなれないでしょう。物理的な環境に理想の形などあるはずがないのです。

メールを頂いて思ったのは、感謝しなければならないのは、むしろ僕たちの方だということ。
建築を通じて新しい気持ちになれたのは、結局のところ建築ではなくて、そこに住むクライアントのチカラの賜物だと思うからです。
本当にありがとうございました。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT