謹賀新年

皆様

明けましておめでとうございます。

今年は昨年にも増して色々なことにチャレンジする1年になりそうです、というか、
そうでなければと思っております。

本年も引き続き宜しくお願い致します。

駒田建築設計事務所
駒田剛司
駒田由香

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

O邸着工

先日、大田区に計画中のO邸が着工しました。
ペントハウスと屋上のある鉄筋コンクリート造2階建てのお宅です。

このお宅、道路を挟んだ正面に、庭木が実に見事なご実家の日本庭園があります。
この緑を新しい家にも引き継げたら良いなあと思ったのですが、計画上まとまった庭の確保が難しい。そこで、考えたのがコンクリートで造った緑のパレット。これを立体的に家の正面と裏面に配置することで、家の何処に居ても緑が見える。実家の方へ目をやれば、パレットの上の緑と日本庭園の緑が重なって見える。豊かな緑を世代を越えて共有し、Oさん一族が永く住んでいらっしゃる街が、新しい緑でまた少し潤いを増してもらいたい。そんなことを思っています。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

balco/HWFV

雑誌の取材で「balco」「HOUSE WITH FOUR VOIDS」へ行って来ました。

5ヶ月ぶりの「balco」、階段上の緑が育ってイイ感じになっています。

「30代の家づくり」というテーマーで、Kさんご夫妻のインタビュー。
良い雰囲気だったので、ついシャッターを切ってしまいました。

Kさんご夫妻の「家づくり」話は、肩に力が入っていなくて、それはそのまま空間の質にも出ています。何でも造り込みすぎない。建築を使う側に、どこか受け身の態度が残っている感じ。建築にも人にも懐の深さがあってこそ、発見性のある関係が生まれるんじゃないかと。

翌日訪れた「HOUSE WITH FOUR VOIDS」。築10年前後を経た住宅10数軒の今と、ここまでの変化の様相を描き出そうという、某建築専門誌の企画の取材です。
「何が変わったのか?」の質問に、開口一番「なにしろ家族のコミュニケーションが非常によろしい家で、特に変わったことは何もない」と親世帯の(この家は2世帯住宅)お父さんが仰った時には、「ああ、これで取材は終わってもいいな」と思ってしまいました(笑)。色んなことが変わっているのに、実感として「変わっていない」と当の本人が思えるのは、K邸で感じた建築と人の柔らかい関係が、ここでも成立しているってことじゃないでしょうか。

1階の親世帯と2階の子世帯を繋げている、サンルームです。クンシランにとって大変好ましい環境であるらしく、一株からここまで増えたそうです。

お昼に美味しいカレーも頂き、皆さんと楽しい時間を過ごさせてもらいました。
大変名残惜しかったのですが、次回はアルコール入りでという約束をしてお宅を後に。

この2つの取材で、建築と人の良い関係は建築だけでは作れないものだなあと、改めて教えてもらった気がします。
どちらの記事も発売になりましたらお知らせしますので、乞うご期待。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

「平井の集合住宅」地鎮祭

今日、「平井の集合住宅」の地鎮祭が執り行われました。建主は「平井の家」の建主でもあるKさん。ご自宅に引き続き、仕事の依頼を頂けたことは、建築家としてとても有り難く、嬉しいことです。信頼に応えるべく、頑張らなくてはなりません。

同じく平井にある「kap」で、複雑な場を内包したややクローズドな建築を考えたのとは対照的に、生活のリズムと都市環境の関係を、シンプルでより開放的な形の中に落とし込んでします。今後現場の様子をアップして行きますので、乞うご期待。
そして、この現場は知る人ぞ知るフレンチの名店「レストランコバヤシ」のはす向かい!工事が本格化する前に、一度挨拶も兼ねてお食事を頂きに参りたいと思っています(笑)

今週から各大学の授業が始まります。昨日は東京電機大学、今日は東京工芸大学、来週は昭和女子大学、、、今年度は後期の担当が増えました。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

ロウハウスと民主主義

いまニューヨークから成田への機内にいます。ボストン・ビーコンヒルのロウハウスにおける、都市と建築の関係について、「接地の作法」という切り口で考えていると、前回のブログでお伝えしました。今回、幸いにも国の科研費が付いたこともあって、帰国後はこのテーマで早速論文の準備に入らなくてはなりません。

さて、ボストンの後は、フィラデルフィア、ニューヨークへ。フィラデルフィアが、博愛の街と呼ばれているのは、ご存知の通りです。だからという訳ではないのですが、フィラの街を歩いてみて、幾つかの点でロウハウスが、極めて民主主義的な建築だと感じました。一つは、全てのユニットが接地して通りに面していること。規模の大小に関係なく、同じ形式で建っているのがロウハウスです。そこにはユニットが縦に積層する集合住宅に必ず生まれる、上下のヒエラルキーがありません。ちなみに、ここ数年マンハッタンでは、超高層アパートが、大流行していて、セントラルパークを望める、最上層は1平方フィートあたり、300万円の値がついているとか。これもある意味、民主主義が生んだ、究極の住宅の在り方ではあるのですが。



もう一つはこの2枚の写真を見て頂きたい。全く別の建物に見えると思うのですが、実は同じロウハウスを表と裏から撮っています。表は街路に面して、ファサードが整えられ、裏はそれそれバラバラ。基本的に異なるオーナーがそれぞれのユニットを所有管理している中で、表通りに面する部分は個人の趣味や嗜好に合わせて改変されていません。法的な規制もさることながら、公共に対する自己抑制と、それを動機付ける社会規範が機能しているからこそ、表通りはその統一感と美観を保つことが可能になっている。一方、裏通りはと言うと、ここはまず住人しか使わない、元は馬小屋(ミュー)が並んでいた、一般に「ミューズ」と呼ばれる路地のような細い通りです。このミューズに面しては、各ユニットはそれぞれのオーナーの、時々の都合に応じて、バラバラの形で、増改修が繰り返され、全体として何の統一感もありません。
とかく民主主義の個人主義的な側面ばかりが、顕在化しやすい昨今ですが、ロウハウスでは、まず公共性が確実に担保された中で、個人それぞれの振る舞いが許容される。当たり前のことが、当たり前のように、200年も実践されているということでしょうか。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT