お引渡し2軒


先週、TB邸とAM邸の引渡がありました。建物が完成した高揚感と、静まり返ったような現場に一抹の寂しさを感じます。


そして、この新しい家でどんなシーンが展開するのかを想像するとまたワクワクするような、新しい気持ちがわいてきます。次にお邪魔するのを楽しみにしています!〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

TB邸オープンハウスのお知らせ

私どもが設計監理をしてまいりました「TB邸」が竣工致します。
この度、建主様のご厚意によりオープンハウスの機会を設けさせて頂くことになりました。
夫婦という最小社会を支える、極端に狭かったり、長かったり、高かったり、低かったり、極大と極小が同居する、様々なスケールと距離感が織り込まれた「小さな街」のような住宅です。

日時:2016年6月25日(土) 11:00〜16:00
交通:麻布十番駅(南北線、大江戸線)1番出口徒歩10分
構造:鉄筋コンクリート3階建て
主要用途:専用住宅
敷地面積:42.00㎡
建築面積:28.55㎡
延床面積:76.75㎡
構造設計監理:yAt構造設計事務所 森部康司+中畠敦広
施工:仲野工務店
当日連絡先:090-7205-0851(駒田剛司)/080-5494-7038(石村大輔)

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

上棟!上棟!上棟!


まずは目白の集合住宅。上棟式が執り行われました。これからの工事の無事を祈ります。なぜか一人カメラ目線(笑)。

広い空と緑の下に折れ板のゲーブル屋根がきっと映えると思っています。


SY邸の最上階は大きな屋根裏部屋。お施主さんと思わず「オ〜」。声が出てしまいました。


そしてSG邸。地形を参照しながら展開される空間の形は、軸組と床だけのいまが一番よく分かります。
昨日まで基礎しかなかった現場に、突如建築が姿を現す瞬間は何度経験しても痺れます。まさに軸組構造の醍醐味ですね。RC造の上棟は、ついにここまでという感慨が湧いてきます。〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

全現場一気に紹介!

駒田事務所ではどういった巡り合わせなのか、去年は設計ばかりの1年で、今年は現場ばかりの1年になっています。
ということで、先週廻った駒田事務所の全現場を一気に紹介します!

まずは、事務所から徒歩圏内にある「HS邸」。何も起きていない様にみえますが、地盤改良が既に完了しております。そばを流れる親水公園の流れとその上の空に向かって開くおおらかな家が出来る予定です。

2件目は馬込の「SG邸」。敷地の高低差と周囲の地形を建築内に折り畳むようにして取込みます。

3件目は柿の木坂の「SY邸」。先日地鎮祭をレポートした住宅です。建物の中をグルリと廻って大きな屋根裏部屋にいたります。

4件目は麻布十番の「TB邸」。先日紹介した写真をブルーに染めていたトップライトのシートが外れました。ほとんど外です!

5件目は唯一住居系ではありません。このところ話題の「奥渋」に建設中の「NMビル」。小さなテナントビルです。奥の落書きされた壁は壁面緑化される予定です!

6件目は「TB邸」に引き続き竣工が間近となった中野坂上の「AM邸」。街の小さなランドマークになってほしいと思っています。

7件目は中野のマンションリノベーション「MR」邸。窓からの景色が気持ちよいスケルトンの良さを引き出した、MRさんご家族ならではの楽しい工夫のある家です。

そして、ラスト8件目は「目白の集合住宅」。ついに最上階が見えて参りました。折れ屋根の型枠が美しい。。。

それぞれのプロジェクトがどう成長して行くか今後も紹介して参ります!〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT

ストアフロントコンクール金賞受賞

「AUTO CAFE BUILDING」が第47回ストアフロントコンクール店舗建築部門金賞を受賞しました。
http://www.sfn.co.jp/concour/sfc47th.html
実は金賞を頂くのは「座間の家」に続いて2回目です。

審査して下さった八木幸二さん、橋本夕紀夫さん、牛建務さんに感謝申し上げます。
ありがとうございました!
次はグランプリを目指します!〈TAK〉

BUTTONS TO SHARE

COMMENT